意外と知らない家族葬の流れ

家族葬に参列するときのマナー

家族葬に参列するときのマナー

家族葬に参列するときのマナー 家族葬というのは、家族や親族だけでとりおこなう葬儀のことです。一般的に葬儀には家族や親族だけでなく、友人や知人、場合によっては近所の人や故人の会社関係者などが参列することがありますが、そのような人を呼ぶことなく、家族や親族だけで行うものが家族葬と呼ばれます。このような葬儀に参列するときのマナーですが、当然のこととして、そのような葬儀に呼ばれているからには自分は家族や親族に含まれているはずです。
ただ、100%そうかというと必ずしもそうではありません。いくら家族葬とは言っても、ごく親しかった人にだけは別途声をかけるケースもあるからです。自分はそういう人に当てはまっているのかもしれません。そういう場合はもちろん家族や親族でなくても参列して構いませんが、だからと言って勝手に自分の知り合いなどに声をかけることは控えましょう。その他は一般的な葬儀とさして変わりません。香典や供花は喪主の意向に従うようにすると良いでしょう。

家族葬ではどんな服装をすればいいのか

家族葬ではどんな服装をすればいいのか 家族葬とは家族、親族、友人といった故人と親しかった人のみでお別れをするお葬式のことで、人数が少なく小規模ですが守るべき服装のマナーは当然あります。家族葬の場合の服装は喪主、参列者共に準喪服が一般的です。ちなみに準喪服を具体的に説明すると男性はダブル、もしくはシングルのブラックスーツが基本です。スリーピースを着る時にはベストも必ず黒を選んで下さい。そしてワイシャツはレギュラーカラーの白無地で、襟をボタンで留めるタイプのボタンダウンのモノはNGです。他にもネクタイは無地、織り柄を選択してタイピンは使用しないでください。あと足元は革靴で靴下も黒で統一します。
女性の場合はワンピース、スーツ、アンサンブル、パンツスーツの中から選びます。スーツを着る時にはインナーも黒にして下さい。生地は無地でシンプルな織り柄を選び、光沢はないモノ、透けていない素材のモノを選びます。あとスカートの丈は通常より長めのミディアム丈が無難で、靴はパンプスで、ストッキングも黒が基本です。